• 戻る
 
  ウェブ全体      simple-hp.com内  

学校のテストには出ない、大切なコト

CO2の排出削減に向けての ”努力度"or "怠慢度”?

"地球温暖化"という地球規模の環境問題に対し、世界がひとつになって歯止めをかけていこうという取り組みが「京都議定書」です。

1997年の京都会議で、日本は議長国として「京都議定書」を取りまとめ、温室効果ガスの削減に向けての枠組みを創る大役を担いました。(発効は2005年2月16日)

その「京都議定書」の中で、日本は2008年から2012年までの5年間の温室効果ガス排出量の平均を、1990年比で6.0%削減すると約束しています。

1990年から2005年までの間に、既に8.1%もCO2の排出量が増えてしまっていますので、目標達成には、CO2総排出量を14%以上も減らさなければならない状況となっています。

【"京都議定書"の約束が守れなかった場合は? 】

「未達成分の1.3倍の追加削減」
が、ペナルティーとして課せられる可能性が高いと言われています。

子どもに教えたいこと
CO2の削減"努力度"は、グラフから見ることができる!

「国別一人当たりCO2排出量」の推移(経年変化)を見れば、その国が、CO2の排出削減に向けて努力をしているかが見えてきます。

「国別一人当たりCO2排出量」が、

・ 年々減っていれば・・・温室効果ガス削減に向けて努力しており
- 年々増えていれば・・・温室効果ガスの削減努力を怠っている

ということになります。

日本の 「国別一人当たりCO2排出量」の推移(↑)を見ると、日本は、残念ながら「努力している」とは評価できない状態です。

【日本は、海外からどう見られている?】

2007年末にバリで行なわれたCOP13(国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議)で、日本の「温暖化対策実行ランキング」は、温室効果ガス排出量上位56カ国中42位(1位は2年連続でスウェーデン。日本は昨年の26位から急落)という不名誉な結果となりました。

「そもそも、日本は既に省エネが進んでおり、これ以上の削減は困難だ」
という声があります。

1) CO2の削減が比較的容易な製造業が海外に移転してしまっていること、
2) 国内にはCO2の削減が難しいオフィスが増えたこと、
3) 人口は増えていないのに世帯数が増えていること

など、日本はCO2の削減がとても難しい状況下にあります。

しかし、目標の未達成は、「問題の先送り」となるだけでなく、更に大きな負担が子ども達の世代に課せられることになります。

私達が持っている「知恵」と「エネルギー」を、何に使えば良いのか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

【関連ユーザーコラム】

1) セブン・イレブンへの期待 ・・・・・・(横浜市 加山みずき)
2) エコ買い ・・・・・・(さいたま市 森田 美樹)

 
矢印 ページトップ > 家族でしたいたくさんの会話 > エコ生活編 > CO2の排出削減に向けての ”努力度"or "怠慢度”?

[SITE ID: J02B]