• 戻る
 
  ウェブ全体      simple-hp.com内  

学校のテストには出ない、大切なコト

こどもはどうして勉強しなくちゃいけないの?

子どもの頃、

- 大人は宿題もテストもないし、好きなものを自由に買えるからいいよなぁ

- どうして子どもだけ勉強しなくちゃいけないんだろう?

なんて感じたことはないでしょうか?

もちろん今の子どもたちも、同じような疑問を持っているのです。

勉強しなくちゃいけない理由

家族に知って欲しいこと
子どもは、成長過程で"洗脳"されていくもの

子どもは 成長過程で多くのモノ・コトから影響を受け、15歳くらいまでに独自の人格が形成されると言われています。

お父さんやお母さん、先生や友達といった子どもの周りにいる人たちや、テレビや映画、漫画、本、インターネットなどの様々なメディアから、色々な影響を受けて、モノの考え方や価値観などが少しずつ固まってきます。

成長期に受ける影響は、「洗脳」と言っても決して大げさではないほど、大きなものです。

【子どもはスポンジのようなもの】

ゴミを毎日きちんと分別して捨てている両親を見ている子どもは、やはりゴミをきちんと分別する子になります。

お水を出しっぱなしにして歯を磨くと、「お水がもったいないでしょ!」と叱られて育てられれば、自然に「お水の出しっぱなし」が気になってしまう子どもに育つものです。

成長期に感じる、「どうして勉強しなくちゃいけないの?」 という疑問に対し、

- 受験の必須科目だからよ
- 他の子に負けるのは嫌でしょ?。
みんなより1点でも良い点を取る為に勉強するのよ
- 良い学校、良い会社に入って、良い給料をもらわなければ、
「負け組」になっちゃうからなのよ

などといった言葉で育てられてしまうと、

- 自分だけ良ければ、他の子はどうでも構わない
- 世の中お金が全てで、お金を人より多く稼げば「勝ち組」

という思考の大人に育ってしまいます。

もし、「受験があるから」とか、「負け組にならない為」ということが「勉強の目的」だとしたら、「受験制度」がなくなったり、あるいはもし自由競争社会でなくなったりした場合、子どもたちは「勉強しなくても良い」ということになってしまいます。

どんな社会であっても、やはり子どもは(もちろん大人も、)勉強をしなくてはなりません。 勉強に、終わりなどないのです。

家族で考えよう
どうして勉強しなくちゃいけないの?

2008.01放送の「エジソンの母」(TBSドラマ)の中で、

― 「どうして勉強しなくちゃいけないの?」
としつこく聞く子ども(花房賢人くん)に対し、

― 「それがあなた達の商売だからよ」
と答えている先生(加賀見祐子先生)がいました。

この回答で、「なるほど!」と納得できる子がいるとは思えません。

でも、「では、どう答えれば良いのか?」と改めて考えるみると、
とても難しい質問であることに気が付きます。

「どうして勉強しなくちゃいけないの?」の理由

人間に限らず、全ての動物は、生きて行く過程の中で、様々な障壁や難題にぶつかったり、岐路に立たされて、物事を判断しなければならない場に遭遇します。

その度に、「どうすれば良いだろう」と考えたり、「どっちを選択すべきか」
と悩んだり…。

野生動物の場合、その時の"判断"のベースとなるのは生まれ持った「本能」か、もしくは今までの「経験」の2つしかありません。

しかし人間は、「本能」や「経験」だけでなく、"勉強"を通して得た「知識」をはじめとする「+α」の要素(下図ピンク部分)からも判断することができます。

「+α」の部分が大きければ大きいほど、広い視野と深い見識からものごとを考えられるようになり、また より正しい判断ができるようになるのです。

「だから勉強することは、とても大切なんだよ」

是非こどもにはそう教えてあげてください。

【各教科の目的】
 
矢印 ページトップ > 家族でしたいたくさんの会話 > 学校・勉強編 > どうして《勉強》しなくちゃいけないの?

[SITE ID: I01B]