文字を小さく文字を大きく
 
金メダル以上の価値 ≪社会≫ 東京 主婦 K.Sakashita 2014.02.10

ショートプログラム2分40秒、フリー4分。

スピード競技なら、緊張はおそらく競技スタート前までで済むのかもしれません。

しかしフィギュアスケートは、競技時間の約6分半の間もずっと極度の緊張状態が続きます。

またスピード競技なら、競技中 相手の動きに意識を向けることもできますが、フィギュアは全くの孤独の世界。

大勢の観客に囲まれた冷たいスケートリンクに飛び出し、スポットを浴びながら6分間もの間 緊張状態にいるのは精神的に相当厳しいものだと思います。

しかも4年に一度のオリンピックで、日本中から金メダルを期待されているとなると、メンタル面の負担はもう想像を超えるもの。

その緊張のせいか、ショートプログラムでは本来の演技ができなかった真央ちゃん。

大きく出遅れ、普通ならモチベーションを維持することなどできない状態だったと思います。

しかし真央ちゃんは最後まであきらめなかった。

翌2月20日、フリーの全8ジャンプをすべて成功。

涙が止まりませんでした。

その真央ちゃんのフリーの演技には、世界中から感動の声が寄せられたそうです。

長野五輪で銀メダルに輝いたミシェル・クワンさん(米)は「永遠に忘れられないパフォーマンス」と絶賛し、ソルトレークシティー五輪の金メダリストのアレクセイ・ヤグディン(露)さんも「泣きたくなるほど素晴らしい」とブログで称えたそうです。

この感動は、金メダル獲得時には得られなかったもの。

金メダル以上の価値ですね。

真央ちゃん感動をありがとう。そして本当にお疲れ様でした。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る