文字を小さく文字を大きく
 
都知事選で思うこと ≪社会≫ 東京都 会社員 Kyoko 2014.01.27

夫が2年前に事故で他界した為、今は7歳の娘と二人で生活しています。

シングルマザーにとって一番怖いのはインフルエンザの時期。

子どもがインフルエンザになれば、1週間近く学校を休むことになります。

高熱の子どもを一人家に置いて仕事に行けるか? だからと言って1週間も会社を休めるか?

体が弱い子どもを持つ、同じシングルマザーの友人は、

「多少給料が安くても融通の効く会社がいい」

と言って転職をしました。

そんな母子家庭が都内には6万6千世帯もあるそうです。

今回の都知事選、都民が最も重視する政策テーマは「少子高齢化や福祉」だそうですが、それが正常だと思います。

原発の問題も大事ですが、それは国政がやるべきことで、
都政の最優先テーマではない。

都が全国の自治体に先駆けてやるべきは、子育てし易い環境整備による出生率の向上で、少子化の問題が解決できない限り、持続可能な社会は有り得ないと思っています。

個人的にはファミリーサポートや児童相談所などの福祉を充実させて欲しいと思ってます。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る