文字を小さく文字を大きく
 
アントニオ猪木議員 ≪社会≫ 東京 主婦 K.Sakashita 2013.11.11

参議院議員のアントニオ猪木さんが、自らが理事長を勤めるNPO法人「スポーツ平和友好協会」の事務所開設のため、訪朝したとのニュースが流れました。

参議院の許可を得ずに訪朝したことで、与野党から「厳正に対処すべきだ」との意見が出ているとのこと。

確かに北朝鮮・日本の両国間は、政治的にも経済的にも断絶している状態ですので、いろいろと制約があるのかもしれません。

今では、北朝鮮だけでなく、

中国や韓国との関係もギスギスした状態になっています。

そんな状況を見ていると、同じアジアの国々との関係を、
このままで次世代に引き継いで良いのだろうかと感じてしまいます。

「親同士はケンカしたままだけど、後はよろしくね」

では、あまりに無責任すぎるように思います。

そうしたアジア間の関係に対し、
他の議員がどのような活動をされているかは知りません。

おそらく何もしていない人がほとんどでしょう。

そのような議員たちの中で、アジア間の壁に"スポーツ"という風穴を開け、次世代に引き継げる環境を作ろうとしている猪木さんの活動は、一定の評価に値するものと私は感じます。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る