文字を小さく文字を大きく
 
優しい娘 (2/2) ≪ファミリー≫ 東京 主婦 森林浴Lover 2013.6.24

「うそ、ヤダ、ごめん」

娘は私の涙を見て驚いたようです。

「朝から体調悪くて...今日は会社お休みしようと思うの」

「そんなに具合悪いの?大丈夫?」

娘は、学校休んで一緒に病院に行こうか?とまで言ってくれました。

まさか学校を休ませるわけには行きませんので、娘にシリアルと野菜ジュースを飲ませて学校へ送り出しました。

そして昼休み。

私のことを心配してくれてたようで、娘からメールが届きました。

「ママ大丈夫?今日は私が夕飯作るから。
美味しくないカレーでもいい?」

私が学生だった頃にメールなんて便利なものはありませんでしたから、母に今のようなメールを送ったことはありません。

けれど「もしあったらメールした?」と聞かれたら、
素直に首を縦に振ることはできません。

娘の優しさに触れれば触れるほど、心苦しくなる私。

「大丈夫よ。メールありがとね。
具合だいぶ良くなったから、ママ今からちょっと外出してくるわ」

私はそう娘に返信し、母のお墓参りに行くことに決めました。

○ 連載「優しい娘」--- [1] | [2]

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る