文字を小さく文字を大きく
 
親の覚悟 〜宮崎のいじめ問題〜 ≪社会≫ 東京 Midorikawa 会社員 2012.7.31

宮崎県西都市の三納川で高校2年の男子生徒(17)が友人に頭を水中に押し付けられるなどして溺れ、一時、意識不明の重体になったというニュースが流れました。

その時の様子は、被害生徒の同級生である女子生徒が携帯で撮影。

川べりに逃げようとする男子生徒を妨害し、足を掴んで川の中に引きづり込んだり、足蹴りを入れたりする様子もその動画には映っていました。

もはや「いじめ」の域をはるかに超えた危険な行為で、私がその被害生徒の母親なら、殺人未遂・暴行致死未遂としてその少年たちを訴えます。

加害者側の生徒たちを法的に裁いてもらい、犯した過ちを償わせることが目的ですが、それに加え、昨今増えているイジメ問題がエスカレートすること防ぐ目的もあります。

逆に、もし私が加害生徒の母親なら、首に縄をかけてでも息子を警察に連れて行きます。

自分で犯した罪は償えと…。

子育ては、一人の人間を育てることですから、親はそれくらいの覚悟をもって子育てをすべきだと私は思います。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る