文字を小さく文字を大きく
 
親はブレてはダメ ≪育児・子育て≫ 東 京 Y.Mitsuhashi 元保育士 2012.7.18

18年の保育士経験を活かし、今は地域の子育てアドバイザーとしてボランティア的な活動をしています。

よくママさんたちから質問を受けるのですが、一番多いのは

「子供が言うことを聞いてくれない」

という質問。

「うちの子はわがままで、手がかかる」と悩んでいるようですが、そうした家庭に共通するのが次のような親子の会話。

ケース@***************

親:「早くお風呂に入りなさい!」
子:「あと1ゲームだけ」
親:「まったくもー。じゃあそれ終わったら入るのよ」

ケースA***************

子:「これ買って!」
親:「今日は買わないって言ったでしょ」
子:「買って、買って、買ってー!」
親:「もう、これ一つだけだからね」

ケースB***************

親:「おもちゃ、片付けないなら捨てるわよ」
子:「やだよー」
親:「まったくもー、しょうがないんだから」

ケースC***************

子:「アイス食べたい」
親:「夕飯残したんだからダメ」
子:「えーっ、明日はちゃんと食べるから
親:「じゃあママと約束よ」

****************

これらの会話に共通していること。

それは親が会話の中でブレてしまっていることです。

子供の一言、二言で、親がブレてしまうようであれば、
親の言うことを甘く見るようになります。

汚い言い方をすれば、親を"ナメる"ようになってしまう。

ナメている親の言うことなど、聞くはずありません。

これは子供が悪いのではなく、
親が子供をそう育てているのです。

親は絶対にブレてはダメ。

@のケースなら、
「ダメ!お風呂に入りなさい」と言ってゲームを取り上げる。

Aのケースなら、
「ダメ!約束は約束」と言っておもちゃやお菓子を買い与えない。

Bのケースなら、
「本当に捨てるからね」と言って、目の前でゴミ箱に捨ててしまう。

Cのケースなら、
「ダメ!夕飯食べなかったんだからアイスはなし」と言って
絶対に譲歩しない。

子供は育てたように育つもの。

子供がまだ幼いうちから徹底しないと、
大きくなってからの軌道修正はとても困難になります。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る