文字を小さく文字を大きく
 
育てたように子は育つ(2) ≪育児・教育≫ 千葉 主 婦 ホンダ 2012.4.13

自宅に帰ると、息子はすぐにリビングで寝てしまいました。

するとそこに実家の母から電話が。

私はお腹の中のモヤモヤを吐き出すように、今日の出来事を母に話しました。

「聞いてよ母さん。大樹ったら、たかが歩いて10分程度のスーパーに行っただけで"疲れた"ってグズってさぁ」

「あらら大変だったわね」

「ほんとよ。"もう歩きたくない"って座り込んじゃって、"置いてくわよ"って怒ったら大声で泣き出して」

「置いてくればよかったのに」

「そんなことできるわけないじゃない!もう自分が子育てしているわけじゃないからそんないい加減なこと言って!」

「あら、私はあんたのこと置いてったわよ」

「えっ?私置いてかれたの?」

「そうよ。言うこと聞かないから置いていったの」

「…えっ、ホントに?」

「一回だけね。それ以降は"置いてくわよ"って言ったら、ぜったい私のそばから離れなくなったわ」

「…」

「親が本気かどうかはね、子どもには判るのよ」

「…」

「大樹のこと悪くいうけど、大樹が悪いんじゃなくて、あなたがそう育てたの」

「だって…」

「だってじゃないの。育てたように子どもは育つの!」

耳にイタい言葉でした。

「どうせ今では車で買い物してたんでしょ」

「そうだけど」

「でしょ、普段歩かせてないあなたがダメなのよ」

母の言葉で深く反省。今後はスーパーへは歩いて行こうと決めました。

○ 連載「育てたように子は育つ」 --- [1] | [2]

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る