文字を小さく文字を大きく
 
7歳までの大切な時間 ≪社会≫ 神奈川 盲導犬訓練士 GOOOOD! 2012.3.26

将来「盲導犬」の訓練を受ける子犬たちは、生まれて数か月経つと一般家庭に里子に出されます。

その期間はおよそ10〜12ヶ月。

いわゆる「パピーウォーカー」と言われる制度です。

里親の家族たちと触れ合い、たくさんの愛情を注いでもらう。

そうした体験を持つことで、その子犬は人と生活をすることに喜びを覚え、人を好きになるのです。

またその期間に子犬たちは、人間社会における「マナー」や「ルール」についても覚えます。

実はこれ、人間にも同じことが言えると思います。

犬の時間の流れは人間の約7倍ですので、犬にとっての10〜12ヶ月は人間の6〜7年間に相当します。

ちょうど小学生になるくらいの年齢。

その年齢になるまでに、家族とたくさん触れ合い、たくさんの愛情を注いでもらうことで、その子どもは人と生活をすることに喜びを覚え、人を好きになります。

また、人間社会における「マナー」や「ルール」についても学びます。

逆に小学校にあがる年齢までに、家族と過ごす時間が極端に少なかったり、家族から愛情を注いで貰えなかった子どもは、残念ながら「人を好きになる」という感情が薄い子になってしまうし、「マナー」や「ルール」についても疎い子に育ってしまう。

今は、人を好きになったことがなかったり、"好き"という感情自体がどういう感情かが分からない子が多いそうです。

子どもだけでなく、大人の人たちの中にもとてもドライな考え方をしたり、「自分さえ良ければ」という利己的な考え方をする人が増えているように感じます。

そういう人たちを見る度に、その人が育った環境がどうであったか、また家族がどんな人たちか、なんとなく垣間見えてしまいます。

幼少期の過ごし方は、動物/人間関係なく、とても大切なものなのです。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る