文字を小さく文字を大きく
 
日本国の象徴 ≪社会≫ 東京都 会社員 山もん 2012.3.13

私は天皇崇拝者ではない。

しかし、今回の心臓のバイパス手術を受ける前日まで公務をこなされていた天皇陛下にはいたく感動させられた。

昭和8年の生まれだから、今年でもう79歳になるご高齢。

普通なら、"手術"を理由に公務をお休みすることもできたでしょう。

また、休んでも、それに苦言を吐く人は周りにはいないはず。

しかし、手術前日の日まで普段と変わらぬ穏やかな表情で公務をなされてた天皇陛下。

3月4日に退院し、わずか一週間の11日、手術前から希望されていた東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席。

「国民が被災者に心を寄せ、被災地の状況の改善へたゆみなく努力を続けていくよう期待しています」

と天皇が述べたというニュースを見た人も多いだろう。

学生の頃、学校で「天皇は日本国の象徴」と学んだけれど、当時は「象徴」の意味が全く分からなかった。

象徴? なんのこっちゃ??

…という感じ。

でも、今回の手術前後の天皇の活動を見ていて、なんとなく「象徴」の意味が分かったような気がした。

と言うか、天皇ご自身が「日本人の象徴であり続けよう」としているのが伝わった。

私なんか、朝体調が悪ければ、「今日会社休もうかな?」なんて考えることもしばしば

しかし、今回の天皇の姿を見ていたら、

「休んでなんかいられない」

って素直に思えた。

いつまでもお元気で、私たちの象徴であり続けて欲しいと思う。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る