文字を小さく文字を大きく
 
なんだかなぁ ≪社会≫ 埼玉 主 婦 スッピンママ 2011.10.03

こどもが幼稚園、小学校と上がるにつれ、園の役員やPTAなどの役回りは避けられない。

基本、面倒くさがりだけど、やるならトコトンというタイプなので、知らず知らずに横の交友関係が拡大。

この間は、知り合いのママさんの旦那さんが市議会議員に立候補することになり、「お手伝いしてもらえないか」とお願いされた。

全面協力はさすがに厳しいけれど、子育てを通じて市の行政サービスには問題意識を持っていたので、その旦那さんが同じような問題意識を持っている人か知りたくなり、定期的に後援者に送っているメールを私にも送ってもらうようお願いした。

そして先日、初回メールが届いた

そこにはベテランの県議員さんから受けた「選挙」に向けてのアドバイスが書かれていた。内容は次の通り。

○ 早めにビラを作って配り、駅前に立って露出を増やすべき。
○ 売り込み方はビジュアル重視でいくべき。
○ 「やさしさ」のイメージが伝わるよう、
   「働いている人たちの相談を受けてきた」、
   「福祉を必要としている人のために働いてきた」
   ことをアピールすると良い。
○ 市民の市政に対する不満に共感するように訴えることが大事。
○ イロモノ感は絶対に出さないよう注意する
○ ブログは「言うべきことは言う」という良さを残しながら、
   選挙を通じて柔軟路線に転換したような印象を与えるように努める
○ ビラは政策は裏面に、表面はプロフィール(過去)と志望動機(未来)を
○ 選挙がらみのビラはイラストを使うと内容が薄弱に見えるので使わない
○ 箇条書きではなく、文章にして書いた方が良い
○ どうしても自分が立候補しなければならない理由を表面に書いた方がよい
○ 全戸ビラ配布を最低3種類はやるべき
○ 本人は駅頭や面接に特化できるように
○ とにかく時間がないので、作業は手間がかからないようにする。
○ 選挙カーは絶対必要。

選挙必勝法のテクニックのオンパレード。

当選しなければ何も始まらないので、そうした必勝法も大事なのは分かる。

しかし、一市民としては、そんなテクニックで勝負するのではなく、中身で勝負してもらいたいところ。

以前掲載された「初投票でがっかり」にも書かれてたけど、せめて投票所に立候補者のマニフェストを掲示し、有権者がその内容を見て投票できるようにすべき。

そうしないと、テクニック中心の選挙になってしまい、中身なんて"二の次"になってしまうような気がする。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る