文字を小さく文字を大きく
 
望みの綱は谷垣さん ≪社会≫ 神奈川 大学3年 グーリャン 2011.6.03

東日本大震災や福島原発事故の対応として、皆から100点をもらえる対策を打ち出せる人はいない。

と言うか、数十万人もの被害者が出た震災・事故の対策に、そもそも"完璧"なんてあり得ない。

頭ひねって、いろんなことを

考慮して対策練っても、ある人から見れば片手落ちだったり、
「対応が遅い!」と批難するヒトだっているでしょう。

所詮ヒトがすること。
欠陥があって当たり前。

今日の衆院本会議で否決された「内閣不信任案」の話。

テレビ中継やニュースを見て呆れた人、
多いんじゃないんでしょうか。

菅内閣が打ち出した対策に欠けているところがあれば
それを指摘して代案を出し、一緒に力を合わせることが
どうしてできないのだろう?

不信任案の賛成討論は、どの政党も菅内閣のアラを探して批難するだけで、
自党の具体的な案まで語るような人は一人もいませんでした。

「このヒトたちは一体何に知恵とエネルギーを注いでいるのだろう?」

そんな疑問が頭から消えませんでした。

3月に菅首相が自民党の谷垣党首に
「副総理兼災害復興大臣」をお願いした時、
もしそれを谷垣さんが受けていたら、きっと今の衆院議員たちは
与野党の垣根を越えて復興支援に向け、もっと建設的な議論が
できていたように思う。

けれど谷垣さんはその話を蹴ってしまった。

今からでもいいから、今度は谷垣さんの方から
「協力させてもらえないか」と言ってほしいです。

それがもし出来ないなら、彼が今さら何を吠えても、
私の中では「有事の時に逃げたヒト」のままなんですよね。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る