文字を小さく文字を大きく
 
ボクが神様だったら ≪環境・エコ≫ 東京都 大学2年 トトロ 2011.4.27

クーラーのスイッチが日本中でONになる夏場、電力不足で企業も家庭も15%程度の節電目標が強いられるという。

でも、よくよく考えるとそれでいいのではないだろうか。

なぜなら、日本が京都議定書で掲げた2012年度の目標をクリアするには、

今のCO2排出量から更に15%程度削減しなければならないのだから。

政府は「東日本大震災」「福島第一原発事故」をきっかけに
節電を呼びかけるようになったけど、「地球温暖化」をきっかけに
節電を呼びかけたっておかしくはない。

せっかく日本全体で「節電」に取り組む意識が高まっているのに、

「電力供給量、元通りになりました!」

となった時にまた企業も家庭も好きなだけ電気をバンバン使う
生活に戻ったとしたらあまりに悲しすぎる。

もし、ぼくが神様なら

「こいつら分かってねぇな」

と言って今度は日本全土を地震で揺るがしてしまうかもしれない。

100年に一度と言われる大震災で多くの犠牲を払ったのだから、
そこから次の100年につながることを見つけ出し、行動に移さないと…。

でないと、ただの「学習力のない、懲りない面々」
で終わってしまうような気がする。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る