文字を小さく文字を大きく
 
大人と子どものエコ意識 ≪環境・エコ≫ 東京 派遣社員 神山玲子 2011.2.07

各地のスーパーでさまざまなメーカーの乳製品を紹介する仕事をしてます。

お客さんと接していて感じるのは、大人と子供のエコ意識の違い。

例えば買い物に来たお客さんに新商品のヨーグルトを試食してもらう時ですが、

食べ終わった紙コップとスプーンを分けて捨てなければいけない
スーパーでは2つゴミ袋を用意します。

子どもはまず100%きちんと分別して捨ててくれますが、
大人はというと…無頓着な人がまだまだいますね。

また紙コップとプラスチックスプーンを
業務用廃棄物として分別せずに捨てるスーパーでは、
ゴミ袋は一つだけ用意します。

でも、多くの小学生や中学生は捨てる時に戸惑うんです。

そして私に
「プラスチックスプーンはどこに捨てればいいんですか?」
と聞いてきます。

環境教育を受けなかった今の大人たちと
そうした教育を受けている子どもたちの違いは大きいですね。

今の子どもたちが大きくなったら、
きっと日本はもっと温かい国になるような気がします。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る