文字を小さく文字を大きく
 
石川県の獏面(バクメン) ≪育児・子育て≫ 東京都 会社員 Y.Kadotani 2011.1.21

先日放送された日テレの
「はじめてのおつかい」の中で、石川県のほうらい祭りが紹介されていました。

そのお祭りに登場する獏面(バクメン)と呼ばれる鬼は、秋田のなまはげと似ていて、

― ワルい子はいねぇーか
― なまけものはいねぇーか

と子どものいる家庭をねり歩くのだそうです。

身に覚えのある?(なくても^^)子どもたちは、獏面が来ると大泣き。

そんな獏面を相手に、親たちは

「もう悪いことしないよね。パパやママの言うこと聞くから大丈夫だよね」

と子どもたちをなだめながら獏面にお引き取り願うのです。

・悪いことすると獏面がやってくること
・パパやママは獏面と対等に話ができるほど強いんだということ

を子どもたちは毎年のお祭りの中で経験するんですよね。

この、鬼の面をかぶって悪い子や怠け者を戒める風習は、
石川県鶴来の「獏面」や秋田県の「なまはげ」のほかにも、

- 山形の「あまはげ」
- 岩手県吉浜の「すねか」
- 石川県の「あまめはぎ」
- 福井県の「あっぽっしゃ」
- 鹿児島県下甑島の「としどし」

など地方各地にあるそうです。

また日本だけでなく、ハンガリーやドイツ、オーストリアなどの
ヨーロッパにも似たような鬼がいるとのこと。

こどもも3歳を過ぎるとわがままに歯車が掛り、親だけでは
手に負えなくることもありますので、年に一度こうした鬼を
登場させることで日常の子育てが大分楽になるのではないでしょうか。

子育てを地域ぐるみで支援するこの風習は
とても良い風習であるように感じました。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る