文字を小さく文字を大きく
 
母とお婆ちゃんと私の家族 (4/4) ≪ファミリー≫ 東京都 会社員 すみれ 2011.1.19

(せめて居場所くらいは伝えておこう)

そう思い、私は家に電話することにしました。

(ユウキ(弟)が出てくれますように)

と祈りながら電話を掛けた私。

しかし呼び出し音が1回鳴ったかも怪しいくらいのタイミングで電話に出たのは母でした。

『すみれ?』

2、3秒の沈黙でバレてしまったようでした。

『すみれなんでしょ!?』

小さな声で『うん』と答えると、今度は

『バカ!今どこにいるの!!』

と大きな声が返ってきました。

母にあんな大きな声を出されたのは生まれて初めて。

明らかに怒っている。

『いま、おばあちゃんち』

正直にそう答えると、
母の後ろで(どこだって?)と聞く弟の声が聞こえてきました。

母が弟に何やら話をすると、玄関のドアがバンと閉まる音。

『今ね、ユウキがそっちに向かったから。ちゃんと待ってるのよ。
 それからね…』

母は一区切つけてから、こう言いました。

『誰に何言われたか知らないけど、あなたは私の娘だから…』

その言葉で、私の中でつっかかっていたものが全て
どこかに拭き飛んでしまいました。

「お母さん、ゴメンね」

私は泣きじゃくりながら母に謝ったのでした。

○ 連載「母とお婆ちゃんと私の家族」 --- [1] | [2] | [3] | [4]

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る