文字を小さく文字を大きく
 
のびのびとガマン (3/6) ≪社会≫ 神奈川 主 婦 トトロ 2010.11.25

「翔太はあと2年で小学生よね。
 いい機会だから、今の小学校に
 どんな子が増えているか教えて
 あげる」

そう言って母が話してくれたのは、
母が教頭をしていた小学校の子どもたちの話でした。

朝のチャイムが鳴って、
担任の先生が教室に行くと、

黒板に落書きが書かれているというクラスが少なくないのだそうです。

先生が、「黒板は授業で使うものなの。落書き用じゃないのよ」

と注意しても、次の日も次の日も落書きは止まらない。

もちろん、全クラスがそういう状態なわけではありません。
しかし、特定のクラスでは日常茶飯事のことのようです。

授業中も落ち着きのない生徒が増え、
隣の子にちょっかいを出す子や、立ちあがって歩き回る子、
中には教室のうしろで寝転がる子もいるそうです。

ほかにも、休み時間に家に帰ってしまったり、
家に帰らずとも、どこかにいなくなってしまったり…。

お昼前に勝手に配膳室に入り
給食を食べてしまった子もいたそうです。

先生が見つけて注意すると、
「なんで?いつ食べても同じでしょ!?」
という返事が返ってきたそうです。

「分かる?今の小学生はね、我慢出来ない子が多いの。
 昔の小学生と比べて、とても幼いのよ」

母の話はどれも、
私が小学生だった頃にはあり得ないことばかりでした。

「そういう問題を抱えた子たちの親と話をするとね、
 何て言葉が返ってくるか知っている?」

母が次に口に出した言葉は、私たち夫婦にはとても強烈なものでした。

「"うちは子どもを伸び伸びと育ててますから"って言葉が返ってくるのよ」

○ 連載「のびのびとガマン」 --- [1] | [2] | [3] | [4] | [5] | [6]

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---ふむふむコラムの投稿
  • 前頁に戻る