文字を小さく文字を大きく
 
ストレッチの時間 ≪ファミリー≫ 千葉県 会社員 キャベツ 2010.9.09

母と一緒にジムに通い出して2年が経ちます。

父が他界し、塞ぎがちだった母を元気づけようと、私が通っていたジムに誘ったのがきっかけ。

"誘った"と言うより、私が半ば強引に入会させたと言った方が事実に近いでしょうかσ(^_^;)

母はジョギングマシーンで自分のペースで歩くところから始め、ジムの雰囲気に慣れてくると、ヨガクラスにも自分から出席するようになりました。

そして今年の春からは、私と一緒にジャズダンスにも挑戦。

運動量が多く、最初はテンポに付いていけなかった母でしたが、
それでも汗をかきながら、本当に楽しそうに笑えるようになりました。

そんな母でしたが、4月に自転車とぶつかる事故に合い、
ヒザ下の十字靭帯を損傷する大けがをしてしまったのです。

全治10週間という診断。

事故の相手は高校生の男の子。

とても反省しているようで、
その男の子は学校が終わると母にメールを送ってきて、

「何かお手伝いできることはありませんか」

と尋ねてきました。

ほぼ毎日。。。

母は、その男の子を罪の意識から解放してあげる為にも
「ちゃんと歩けるようにならないといけない」と思い、
退院後、一生懸命リハビリをしてました。

その甲斐あって、7月初には杖なしで歩けるようになり、
そして先週、とうとうジャズダンスのクラスにも復帰したのです。

母の姿にちょっとウルウルした私。

でも、その日はもう一つウルってしまったことがありました。

それはレッスンが終わり、ストレッチをしていた時のこと。

ダンスの先生がストレッチをしながらみんなの前で

「一時間のレッスンが出来た自分の体に感謝しながら、ストレッチしてくださいね」

と言ったのです。そのひと言にグッと来て、思わず目頭が熱くなってしまいました。

横でストレッチをしていた母も感じるところがあったようで、
首に巻いたタオルで口元を押さえていました。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る