文字を小さく文字を大きく
 
24歳になったら… ≪育児・子育て≫ 神奈川県 主 婦 こっとん 2010.8.19

「20代半ばを過ぎても、親と同じ屋根の下
 で暮らし、ご飯の支度から洗濯、掃除まで
 全て親にやってもらっている」

という人が日本にはとても多いのだそうです。

外国の人から見ると、
それはとても奇異に映ると…。

某大使館で働く夫が聞いてきた話。

「子どもが成長したら、きちんと自立させる!」

夫婦でそう話し合って目標を決め、息子が4歳になった時にこう言い聞かせました。

「24歳になったら、あなたはおうちを出て一人で生活するのよ」

"大学を卒業して2年目に自立"が目標。

その息子は今年7歳になり、小学1年生となりました。

早いですね。
来年になれば、もう息子と過ごす時間は1/3が過ぎてしまった計算です。

もし、"24歳"という目標がなかったら、
「まだやっと小学生になったばかり」という意識で息子に接していたと思います。

でも「息子と一緒に暮らすのもあと…」という風に考えると、
残された時間はあとわずかであるように感じます。

息子に教えなければならないことはまだまだたくさんある。

そう考えると、息子との時間は大切にしたいと思ってしまいます。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る