文字を小さく文字を大きく
 
山本聖子さん ≪育児・教育≫ 埼玉県 STAFF サイト運営担当 2010.05.10

女子レスリングの山本聖子さんニュースZEROの番組で取り上げられていました。

1999年に51kg級
2000、2001年には56kg級
2003年には59kg級

の3階級で世界選手権を制覇するという偉業を成し遂げた聖子さん。

しかし、2006年にハンドボールの永島英明選手との結婚を機に惜しまれながらも現役を引退。

2007年には男の子を出産し、
ママさんとなりました。

その聖子さんに転機が訪れたのは、2008年の北京オリンピックのこと。

女子レスリングの試合解説者として生のオリンピックを目の当たりにし、
かつての仲間たちがその大舞台で活躍する姿を見て、

「私も選手としてオリンピックに出たい」

と感じたそうです。

その時の心境が聖子さんのブログの中で語られています。

女子レスリングのオリンピックが終わり私は日本に帰国した。
知らない間に、もうごまかすことはできない程気持ちが明らかになっていた。
「またレスリングがしたい。オリンピックのマットに立ちたい。チャンピオンになりたい。」
一度辞めてから2年が経っていた。
怖くないわけ無い。
いろんな事考えた。
・・・[中略]・・・
なんにもない環境。
やりたいと思ったその日から、まず練習を始めた。
2008年8月21日スタート。

そして2009年1月に現役復帰を発表。

復帰するにあたり、彼女が家族に約束したのは
「復帰後も育児の手を抜かない」でした。

"母親の責任"としてだけでなく、
"こどもへの教育"として、彼女はそう誓ったのです。

「私が一生懸命がんばっている姿を見れば、
 子どもは"一生懸命がんばることが当たり前"と思うようになるから」

テレビのインタビューに彼女はそう答えていました。

育児をしながらも、夢に向かって額に汗してトレーニングする聖子さん。

「格好イイ!」って感じました。

聖子さんの活躍、これからもコラムで取り上げていきたいと思います。

※聖子さんのコーチ役を引き受けた山本美憂さんのブログもオススメです"\(^^)゙

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る