文字を小さく文字を大きく
 
バイト、オススメします! ≪育児・教育≫ 神奈川県 大学2年 2010.03.25

私も「息子の悩みごと」に出てくる息子さんと同じような心境になったことがあります。

ちょうど今から2年前のこと。

受験が終わったとたん、
糸が切れた凧のようにどこに向かえば良いのか分からなくなっちゃった。

その「答え」を探すためじゃなく、
どちらかと言えば「気晴らし」目的で、私は隣の駅のカフェでバイトを始めたのです。

それがすごく良かった。

最初はウェイトレスの仕事なんて
「超簡単な仕事」だとナメてたんです。

でも、私の働きぶりを見たカフェの店長にこう言われたんです。

「お前さー、18年も生きてて何やってたの?」

ビックリしましたね。

そこそこ名の知れた有名大学に合格した私をバカ扱い。

でも今になって当時を振り返れば、そう言われて当然なんです。

- 卓上紙ナプキンの補充は、お客に催促されるまで気付かない。

- 「コーヒー豆足しといて」と言われたら、
  本当に豆を足すだけで、空いた袋は出しっぱなし。

- ランチの繁忙タイム後に手が空いても、洗い物を手伝おうとしない。

「お前さぁー、お前に働いてもらってる理由分かってる?
 お前のバイト代払う為じゃないからね。
 この店の売上伸ばす為に働いてもらってるんだから。
 もう少し頭使って働いてくれよ」

厳しい一言でしたね。
でも図星だったから、反論の余地なんてなかった(≧∇≦)

先輩からも

「ミドリってさー、なんで言われたことしかできないの?
 他のスタッフみんな言ってるよ。ミドリと同じシフトに入りたくないって。
 周りのこと考えて仕事しないと、社会で生きてけないよ」

受験が終わって、「やることなくなっちゃった」なんて思ってたはずなのに、
実は社会の中で生きていくために必要なことは何にも学んでなかった。

「やることなくなっちゃった」じゃなくて、
「やらなきゃいけないことだらけ」なことに気付いた f^^;

バイトって、社会勉強なんですよね。

時間が出来たら、
「お金目的」だけじゃなくて、「勉強目的」で
バイトして欲しいなって思います。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る