文字を小さく文字を大きく
 
ガンバルものが… ≪育児・教育≫ 宮城県 主 婦 S.Kamagata 2010.03.23

4月から進学する大学も決まり、
先日無事息子は高校を卒業しました。

"子育て"、"親の務め"の節目を終えた安心感で、母親としてホッとしていた私。

一方息子は、卒業後、毎日時間をもて余しているようで、家の中をブラブラするだけの生活を送っていました。

ついこの間まで30分刻みでスケジュールを決め、机に向かっていた生活が遠い昔のことのよう。

毎日締りのない生活をする息子を見かねてか、

一緒に住む義父が「お前はなんかすることないんか!」

と息子を不機嫌に怒鳴りました。

それに対し、お義母さんは

「今までずっと張り詰めた糸をやっと緩めた時期なんだから、
 少しは大目に見てあげてくださいな」

と息子をかばってくれました。(優しいお義母さんに感謝(。-_-。 )

夜になり、昼間のことが少し気になったので
息子の部屋に行って話をすると、

「ガンバルものがなくなっちゃって、何をしたらいいか分かんなくなっちゃった」

と心の内を話してくれました。

息子なりに悩んでいるのでしょう。

電話で単身赴任をしている夫にその話をすると、

「俺もそういう時期があったよ。
 今度帰った時、あいつを連れ出して俺から話をしてみるよ」

と言ってくれました。

親としての務めは、"高校卒業"で一段落するものと思っていましたが、
親が子に教えなければいけないことは、まだまだあるような気がしました。

○ 「フムフム一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る