文字を小さく文字を大きく
 
"エンマ帳"より"サンタ帳" 育児・教育 栃木県 主 婦 ティンカーベル 2009.12.22

― 使い終わったおもちゃは片付けるの!

― おしっこしたらきちんと流しなさい!

6歳と4歳のやんちゃ坊主相手に一年中声を荒げている私。

しかし、クリスマスシーズンだけは別で、

「悪い子のおうちにはサンタさん来ないからね!
 仮にサンタさんが来ても、
 "うちは結構です"ってママが断るから!」

と言うと、二人はとたんに

"\( ̄^ ̄)゙ハイ!! "\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

と返事して、お利口さんに変身します^^

この"サンタクロース効果"を「一年中利用できないものか?」と考えた結果、

思いついたのが『エンマ帳』。

子どもが言うことを聞かなかったり、
悪いことをした時は全てその『エンマ帳』に記入する。

「エンマ帳はね、サンタさんも見るんだからね」

と子どもに言っておけば、大声を出さなくても、
エンマ帳を見せるだけで子どもは言うことを聞くようになる。

「我ながら、天才かも…^^」

そう思って姉の家に電話し、「エンマ帳」の話をしました。

すると、姉に

「あんたのエンマ帳ってさ、
 昔 中学の先生たちが振りかざしていた内申書と同じね」

と冷たい声で一蹴された私。

「子どもってさぁ、悪い子の時もあればいい子の時もあるじゃない。
 悪いことしか記録に残さないなんて可哀想よ。
 だいたい『エンマ帳』って名前自体が最悪だし。
 どうせなら名前を『サンタ帳』にして、いいことも一緒に書くようにすべきよ」

悔しいけれど、姉の言っていることの方が正しい。

「分かった。そうする」

姉にそう返事をし、エンマ帳は止めてサンタ帳を書くことに決めた私でした。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る