文字を小さく文字を大きく
 
ただいまっ 家 族 東京都 高校2年 ゆーりん 2009.07.07

タバコを吸う先輩の家で遊んだ日のこと。

気が付いたら門限の10時は
とっくに過ぎてました。

あわてて家に帰ったけど、時すでに遅し。

『今何時だと思ってるの!
心配して待っている親の身にもなりなさい!!』

と玄関先で怒る母親に

「ごめんなさーい」

と謝って母の横をすり抜けるけるようとすると、

『あんたタバコ臭い!』

と言って腕を捕まれました。

『タバコなんて吸ってないよ』

『じゃあなんでタバコ臭いの?』

『知らないよ!』

そんな押し問答が途中で面倒臭くなり、私は

『本当は前から吸ってるよ』

とウソをつきました。

すると母は更に怖い顔になり、私の頬を思いっきりヒッパタきました。

 パシッ!

『イタい!何すんのよ!』

母をにらむと、

『高校生がタバコ吸っていいわけないでしょ!なんで自分の体大切にしないの!!』

と説教が始まりました。

そんな母がうっとうしくて、自分の部屋へ逃げ込んだ私。

タバコ吸ってないのに冤罪で怒鳴られ、おまけに顔まで叩かれて。

私は「母が謝るまで絶対に許さない」と心に決め、
それまでは口も聞かないことにしました。

朝「おはよう」と言われても、
玄関で「いってらっしゃい」と言われても、
学校から帰ってきた時の「おかえりー」という言葉にも
「学校どうだったの?」、「ごはんよ〜」、
「おやすみー」という言葉にも一切無視。

母はそんな私の態度に気が付いているようでしたが
そんなことは一切お構いなく、今まで通り私に話しかけてきました。

そんな状態が一週間も続きました。

そしてまた先輩の家に遊びに行った時、

私は思い出したかのように
一週間前に母と間で起こったのこと全てを先輩に話しました。

そして、

『先輩の親はタバコ吸ってても何も言わないんですよね。
 うらやましいな、そういう親』

と言うと、先輩は、

『はっ?うらやましい?
悪いけど、私が親なら、自分のガキがタバコ吸ってるの見つけたらぶっ飛ばしだよ。
それが普通の親でしょ?』

って言われました。

ちょっとビックリ...

『うちはね、母親も父親も私のことには無関心なの。
何しても何も言わない。 分かる?そんな親がうらやましい?』

先輩の剣幕に私は黙り込んでしまいました。

「お前の母ちゃんさぁ、いい母ちゃんじゃん」

先輩の言葉に、ちょっと考えさせられました。

「今日、家に帰ったら、お前が謝れよ」

私は先輩の言葉に黙ったまま頷き、そして先輩の家を後にしました。

自宅の玄関を開け、中に入ると母が玄関に出てきて、いつも通り

「おかえり」

と言われました。

私は下を向いたままでしたが、一週間ぶりに母に

「ただいま」

と応えました。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る