文字を小さく文字を大きく
 
HEAL THE WORLD 家 族 東京都 主 婦 美帆子 2009.07.01

夏休みのことで夫とケンカをしました。

8月に夫の実家(宮城県)に帰る予定だったのですが、3日間滞在のうち、2日を地元の友達とゴルフすると夫が言いだしたのが原因。

子供も楽しみにしているのに、
家族を置いて自分ひとりで単独行動しようする夫にブチ切れた私。

その日から、ろくに会話もしない状態が続いてました。

そして3日目の朝、いつものようにテレビを横目で見ながら洗濯物を干していると、

昨日心肺停止で病院に運ばれた

Michael Jacksonが 亡くなったとのニュースが流れました。

『えっ、マイケル死んじゃったの!!』

私がそう言うと、ご飯を食べていた夫も

『えっ!?』

と言って手の動きが止まりました。

テレビからはMichael Jacksonさんの訃報を伝えるニュースに続き、

彼の代表作のプロモーションビデオが次々と流れました。

「Thriller」「Billy Jean」「Bad」「Black or White」 ...

どれも昔釘付けになって見たものばかり。

そして「Heal the world」のPVが流れたとき、

涙が出てしまいそうになりました。

この曲を歌う時の彼の声ってとても透明感があって柔らかくて、
それが私の胸を揺さぶってしまったのです。

「Michael Jacksonってさ、
他のアーティストとは全然比較にならないくらい別格だったよな」

夫の言葉に、私は「うん」と応えました。

「今日帰りにCD買ってこようかな」

「うん」

・・・

しばらくの沈黙のあと、また夫が口を開きました。

「久しぶりに会話したな」

私はまた「うん」と応えました。

・・・

「俺、ゴルフ一つ断るわ」

「本当?....じゃあ私も、"宮城に行かない"なんて言わない」

ちょっと仲直り。

そして、玄関で夫を見送るとき、夫は、

「Michaelが仲直りさせてくれたようなもんだな」

と言って玄関を出ていきました。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る