文字を小さく文字を大きく
 
気分は“はなマル” 育児・教育 大阪府 会社員 YURI 2009.06.24

私は小学生時代イジメを受けてました。

理由は「汚い」ってことでした。

制服に当時飼っていた猫の毛がついていたり、アイロンができてなかったりで、見た目が汚かったんですかね??

通っていた小学校は一クラスわずか12人と、とても小さな学校で、一人イジメをやりだすと、みんなでそれを楽しむ始末。

体操服を運動場に隠されたり、“水俣病”と呼ばれたりもしました。

親には「負けずに学校へ行きなさい」と言われたので、

ちゃんと学校に通い、卒業しました。

週末、街で小学校の時の同級生の女の子に声を掛けられ、
そのまま流れで一緒に食事をしました。

一緒にお店で話していた時、突然話題を変えて、

『小学校の頃はごめんなさい。私、見て見ぬふりをしてた。
大きくなって、見て見ぬふりするのは、イジメをしてるのと同じだと気付いて、
いっぱい○○を傷つけたと思って謝りたかった』

と言われました。

もう十年以上も前のこと。

イジめられてた私が忘れてたくらい…

それをずっと気にしてたみたいです。

街で見かけた私に声を掛けるのも勇気がいったと思うし、
今になってきちんと謝るのも勇気がいったと思う。

私の口から自然にでた言葉は、

『ありがと。もういいよ。いじめられたことで得た事もあるしね』

でした。

でもその帰り道、私の気分はとっても“はなマル”でした。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る