文字を小さく文字を大きく
 
回転寿司屋さんで ≪育児・教育≫ 埼玉県 主婦 R.YAMADA 2008.06.27

近所の回転寿司屋に、家族3人でよく食べに行くのですが、先日とても反省させられたことがありました。

私たちが席に座って間もなくすると、
右隣の席にうちの子(8歳)と同じくらいの男の子が座りました。

どうやらお母さんと二人で来たらしく、
「今日は何食べようか?」と聞くお母さんの問い掛けに
「うんとねぇ、いくらとタマゴが食べたい」と答えてました。

いくらとタマゴが好きだなんて、うちの子と同じ (*⌒∇⌒*)

このくらいの年の子は、みんないくらとタマゴが好きなのかなぁなんて思っていると、
その男の子が、

「すみませーん。いくらとタマゴをください」

と言って注文をしたのです。

もう、びっくりでした。

うちの子と言えば、「いくら!」「たまご!」と食べたいネタを、
握っているおじさんに向かって叫んでいるだけ。

まるでシツケがなってない・・・
「あちゃー」と思いました。

気づけば、うちの夫も
「次は、甘エビとはまち!」なんて注文をしている…。

まず親から直さないといけないと思いました。

その後はもう、右隣の男の子がどんなしつけをされているか気になって気になって、ずっと挙動不審だったと思います。

次の日、妹から電話があった時に、回転寿司屋さんでの話をしたら、
妹からsimple-hp.comの「しつけ頁」に同じようなことが書いてあったよと教わりました。

「ヨソの家庭ではどんなしつけをしているの?」は、とっても参考になりました。というか、もっと早く勉強しておけば良かったと思っています。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る