文字を小さく文字を大きく
 
無責任な目標 ≪環境・エコ≫ 東京都 大学3年 H.Kanda 2008.06.06

今から42年前の1966年(昭和41年)、
ある町に住むお爺さんたちが、

「うちの町内から出すゴミの量は、42年後には今より半分に減らす!」

と宣言しました。
そして42年の月日が経ち、時代はいつしか孫たちの時代に。

ある日、隣町の人がやってきて

「そういやぁーあんたんとこの爺さんたちが、今年中(2008年)にゴミの量を半分に減らすって言ってたけど、どうなっているんだい?」

と尋ねてきました。

お孫さんたちは答えました。
「そんなこと知らないですよ。42年前の根拠のない目標の話を今出されても迷惑なだけです」と。

--- ・ --- ・ --- ・ --- ・ --- ・ --- ・ --- ・ ---

「2050年にCO2の排出量を半分に減らす!」

という新聞の見出しを見るたび、
ぼくは"無責任な爺さんたちの宣言"にしか聞こえない。

7月の洞爺湖サミットでは、自分達が生きていない「孫の時代」の目標を立てるのではなく、「自分達の時代」の目標をきちんと示して欲しいと思う。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る