文字を小さく文字を大きく
 
涼の幸(さち) 《皆で考えたい話》 投稿者:  仙台市  風鈴ノ音 2007.06.25

風鈴去年の夏、
ご自宅で療養されていた小学校時代の先生のお見舞いに伺いました。

家族の方に部屋に通していただくと、
すっかり痩せてしまった先生の姿がそこにありました。

一緒にお見舞いに来た友人も、先生のその姿に驚いたようでした。

先生は、私達に気づくと、

「来てくれたのね」

と言って、笑顔を見せてくれたのですが、

その笑顔がとても悲しくて、胸にこみ上げるものがありました。

そんな空気を避けるかのように、友人は努めて明るく

「先生、この部屋少し暑いわ。
 窓閉めてクーラーを付けましょうよ」

と声を掛けました。

しかし、先生はゆっくりと首を振り、

「窓を閉めたら、風鈴の音が聞こえないから」と言いました。

「夏の暑い日は、風鈴の音で涼を感じるものよ」と…

「私たち教師は、そういうことを、
 子ども達にもっと教えなければいけなかったんだろうねぇ」

先生はゆっくりとした口調で話をしてくれました。

「今を生きる人たちが、"便利"や"楽"ばかり求めたら、
 そのシワ寄せは未来の子ども達に向かうのよ」

「暑いから、寒いから」、「便利だから」、「楽だから」と言っては、
直ぐに電気や車を使う生活に慣れてしまった私たち。

資源は限られているのに、
それを次の世代に残すことを考えたりしない。

「私は教師として生きてきたから、
 最後の日まであなたたちのお手本でいたいと思うの」

その年の暮、先生は他界されました。

享年78歳。

私にとって、学生時代も、そして卒業してからも、一番尊敬できる先生でした。

この夏は猛暑だと言われてますが、
窓を開けて、うちわと風鈴の音で"涼の幸"を味わってみようかと思います。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る