文字を小さく文字を大きく
 
お風呂の会話(1) ほのぼの 大 阪 主 婦 カマンベール 2014.01.31

パパと息子の声がお風呂から聞こえてきました。

「まだ筋肉が柔いなー」

どうやらパパは息子の体をチェックしているようです。

「オリンピックまであと6年やぞ」

6年後、息子はまだ10歳です。

「今から競技を絞って特訓せんとな」

パパの声がマジなので、聞いてて笑えます。

「タクは運動何が好き?」

「大玉ころがしー」

どうやら息子は去年の運動会で、
大玉転がしで一番になったのを覚えているようです。

「大玉転がしかぁ。たぶんオリンピック種目にないぞ、それ」

たぶんでなく、ぜったいないと思います。

「でも何がどうなるかわからんからな。大玉転がし、ええと思うわ」

おっとっと、ええんですか?

「ほな、風呂上がったら秘密の特訓しよか」

秘密の特訓? 何を転がすつもりでしょう?

そんなパパですが、愛情たっぷりに息子と接しているところを見ているとホノボノしちゃいます。

パパ大好き♪

○ 連載「お風呂の会話」--- [1] | [2]

○「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る