文字を小さく文字を大きく
 
まだまだ先 ほのぼの 神奈川 会社員 Mink 2013.07.16

中学生になり、部活をはじめてから急激に食べる量が増えた息子。

まぁ食べること食べること。

共働きで、私が家に帰るのはいつも6時ちょっと過ぎなのですが、それまで待っていられない。

冷蔵庫にあるものを物色し、ニンジンを生で食べたり、納豆も納豆だけで食べてるようです。

「ご飯くらい自分で炊けるでしょ!」

と言っても、炊飯器を使うのは面倒なよう。

普通の家庭なら、ご飯を炊いといてあげて、いつでも食べれるようにしてあげるのかもしれません。

が、うちではそうしたことはしません。

料理は生きてくために身につけなければならないこと。

お米はあるし、お水もあるし、炊飯器もある。

あとは本人のやる気だけ。

必要に迫られればいずれやるだろうと思ってました。

しかし、最近驚いたのはベランダで育てているミニトマトが消えたこと。

まだ実が青く、食べ頃前のトマトたちがみるみる減っていき、そして綺麗になくなったのです。

「ねぇ、もしかしてベランダのトマト食べた?」

「あー」

「青いトマト、美味しくないでしょ。」

「あー」

息子が必要に迫られるのは、まだまだ先のようです。

○「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る