文字を小さく文字を大きく
 
会話の主導権 ちょっと笑える 東京都 会社員 ファミレス 2012.12.21

私とペアを組んで、一緒に客先を回っている先輩。

『客の話に耳を傾けつつも、会話の主導権は離すな。営業は技術職だから』が口癖。

そんな先輩の携帯電話がプルプルとなった。

(パパー)

たぶん娘さん。声が大きくて、隣の席にいる私にまで筒抜け。

『今、仕事中だから。あとでな』

緊急事態かもしれないんだから、
「どうした?」くらい聞いてあげればいいのに。

(あのねー、荷物がとどいたの)

『そうか。またあとでな』

(開けてもいい?)

『勝手に開けちゃだめだ。ママはいないのか』

(えー、なんでー)

『ダメだからダメ、ママはいないのか』

(いるよ)

『そうか、じゃあママに代わって』

(ママに代わったら開けてもいい?)

『ダメだって!』

すると電話は一方的に切れました。

『・・・ったく!』

会話の主導権、私には娘さんがにぎってたように聞こえました(笑)

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る