文字を小さく文字を大きく
 
運動会が架け橋に(1/2) ほのぼの 千 葉 主 婦 ミルクティ 2012.10.16

4月に再婚したのですが、夫には9歳の女の子、私には6歳の娘がいて、偶然にも二人とも名前は葵(あおい)。

しかも漢字まで同じ。

下の葵はすぐに「あおいお姉ちゃん」と言って上の葵になついたのですが、お姉ちゃんの方は…なかなか心を開いてくれませんでした。

私に対してもですが、妹の葵に対しても
何か話しかけるときは「ねぇ」と言うだけ。

下の葵が黙ってお姉ちゃんの色鉛筆でお絵かきをした時には、

「勝手にヒトの色鉛筆使わないでよ!」

と乱暴に取り上げられ、泣かされたこともありました。

でも、エラかったんです。

そんな厳しい仕打ちをされても、お姉ちゃんを避けることなく
自分から「お姉ちゃんごめんね」と謝りに行って。

(時間はかかるだろうけど、きっと大丈夫)

そう信じて、二人のあいだの揉めごとには
なるべく口を挟まず、二人の様子を静観するように努めました。

○ 連載「運動会が架け橋に」 --- [1] | [2]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る