文字を小さく文字を大きく
 
なかなかの交渉術 ほのぼの 千 葉 会社員 iphoneフリーク 2012.10.11

毎週水曜日と週末の二日間は私が寝かせ当番で、4歳の娘に絵本を読み聞かせています。

先週末のこと。

いつものように娘と布団に横になり、絵本を読もうとすると、

「パパー、あしたえほんをかいにいこーよ♪」と娘が言ってきました。

「絵本は図書館で借りれるでしょ」

と答えると、

「じゃあパパはたんじょうびに何がほしい?」

と聞き返してきました。

誕生日を覚えててくれたなんて…ちょっと感動。

「パパはユマ(娘)の笑顔があれば、何もいらないよ」

もう昔のような物欲はなく、本当に本心を言ったつもりでした。

すると、「ほんとー?」と言って喜び

「じゃあ、あしたえほんをかいにいこーよ♪
  そしたらユマ、ずっとニコニコだよ」

と…。

話を聞くと、どうやら欲しいのは
「一日一話・読み聞かせ おはなし366」という本で、
絵がカワいくて前からずっと欲しかったのだそうです。

4歳にしてはなかなかの交渉術。

結局私は、自分の小遣いで、自分の誕生日プレゼントとしてその絵本を買うことになりましたo( ̄ー ̄;)ゞ

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る