文字を小さく文字を大きく
 
ごっちょーちゃまでした ちょっと笑える 東 京 主 婦 キューちゃん 2012.7.19

うちの息子、ただいま3歳と4ヶ月。

舌っ足らずで、"ごちそうさまでした"を

「ごっちょーちゃまでした」

と言います(笑)

その発音が妙に可愛いいので、直さずにそのままに。

息子がごっちょーちゃまをすると、

「はい、ごっちょーちゃまね。
 じゃあお皿をはこんでぇ〜」

と言って食事が終わります。

そんな我が家にアメリカ人の男の子が
ホームステイにやってくることになりました。

年齢は19歳で、コロラドの大学で
日本語の勉強をはじめてまだ半年という青年。

(きっとスラッと背が高くて、格好いいんだろうな)

そんな淡い期待をしていたのですが、実際にやってきたのは
ポッチャリ系のアメリカ人で私とあまり身長が変わらない。

しかも口の周り中にヒゲを生やしていて30過ぎにも見えるおじさん顔。

名前はチャーリーさん。

無口で初日はあまり喋らなかったのですが、
二日目の朝食を食べ終わると、マジメな顔をして

「ゴッチョーチャマデシタ」

と言ったのです。

訂正してあげれば良かったのですが、笑いをこらえるのに精一杯でした。

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る