文字を小さく文字を大きく
 
忘れたのは誰のせい?(2/2) ≪ほのぼの≫ 神奈川 主婦 もけらもけら 2011.9.14

もちろん何も知らない息子は、
月曜日ルンルンと学校へ向かった。

あ〜ぁ。
行っちゃった…

そして午後3時ごろ。

「ただいま〜」と元気のない声で帰ってきた息子。

開口一番、

「今日、プール帽子わすれちゃった」

と…。

その言葉につい「知ってたよ」と答えてしまった私。

すると、息子の顔がみるみるひきつったのが分かりました。

おっと!
息子の次のひと言が分かってしまったので、その前に

「忘れちゃったのは誰のせい?」

と聞いた。

するとボッソリと、「自分のせい…」と答えた息子。

よろしい。それが"反省"というものだ。

「だよね。自分で確認しなかったんだから、自分の責任だよね。
  分かってるじゃん!スゴイじゃん」

暗〜い顔した息子を元気づけようと、努めて明るい声でホメてあげたが、息子の顔はゆがんだままで今にも泣きそうだった。

「ママ知ってたのにどうして言ってくれなかったの!?」

と言いたげだったが、息子はその言葉を口にはしなかった。

自分で納得したのかもしれない。

そして迎えた金曜日の朝。

今日もプールがある。

息子は何度も何度も中身を確認して、元気よく家を飛び出して行った。

自分に起きたことは、自分のせいだぞ、息子よ!

○ 連載「忘れたのは誰のせい?」 --- [1] | [2]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る