文字を小さく文字を大きく
 
7月07日の献立 ≪宮城県の小学校の給食≫ 宮城県 小学校教師 K.Morita 2011.7.08

今日の献立は、ご飯、鯖の味噌煮、牛乳、のりたまふりかけでした。

まもなく震災から4か月が経ちます。

先日の道徳の授業で、改めて「命の尊さ」について児童たちと考えました。

授業の中で、児童は、

「お世話になった方が震災で亡くなったとき,とても悲しかった」

「自分より小さい子が震災で亡くなっている。
  震災がなければまだまだ命があったのに」

「家族が亡くなって悲しいけれど,家族のことは忘れないし,
  頑張って生きるようにと守ってくれている気がするので
  命の限り生きていこうと思う」

「大震災で一瞬にしてたくさんの命が失われた中で,自分が生きて
  いる。この尊い命を大切にして生きていきたい」

と震災を通して「命」について感じたこと、
考えたことを書いてくれました。

私の知っているかたも何人も亡くなりました。

みなさんとても良い方で,笑顔しか思い起こせません・・・

もう二度とあんな悲しい被害が起きないよう
安心して暮らせる街づくりを目指して
復興作業を進めてほしいと思います。

<昨日--- (今日の給食メニュー)--- 翌日>

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る