文字を小さく文字を大きく
 
6月13日の献立 ≪宮城県の小学校の給食≫ 宮城県 小学校教師 K.Morita 2011.6.14

今日の給食は、ごはん、昆布のふりかけ、豚肉の味噌焼き、あとは牛乳でした。

水も電気もガスも停まった中で寒さに耐えながら、ある物を食べて何週間も過ごしてきましたから、こうした給食でも全く平気ですね。

肉や魚などは一切なくて、

どなたかが差し入れてくれた「レトルトハンバーグ」を
温めもせずにビニール袋から出して食べた時はとても美味しかった…

遠くの友人が持って来てくれた差し入れの靴下を、
1週間に1回ペースで履き替える時の気持ちよさは
皆さんには分からないかもしれませんね(笑)

⇒ 震災後、しばらく水が出なかったので
洗濯など出来ず、毎日靴下を履き替えるなんてとんでもなかったのです。

震災後初めて洗濯をしたのは,4/3でした。

それまでは、震災時に着ていた服や学校にあったジャージを
ずーっと着回していました。

避難所ではみんな同じです。

顔も洗わず、服も着替えず、物も十分食べれず、
そしてトイレも流せず・・・

児童も同じような日々だったはずです。

現代っ子にはちょっと足りない「我慢すること」も
学んだと思います。

いろいろなものへの感謝の気持ちも
以前より敏感に感じるようになりました。

人生経験・・・というにはあまりにも厳しいものですが,
それでも震災を通して貴重な経験をしたと思っています。

<先週--- (今日の給食メニュー)--- 翌日>

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る