文字を小さく文字を大きく
 
ラケットなしのテニス合宿 (5) ≪ちょっと泣ける≫ 神奈川 大 2 ルリ 2011.5.31

よく見るとA子の目が少し赤いことに気がつきました。

「何かあった?目が赤いよ」

そう言うとA子はあわてて窓の外に顔を向けました。

そして「あのね」と言ってから

「私さぁー、泣き虫じゃ

ないのに、地震があってから泣くことが多くて大変なんだよ」

と話してくれました。

昨日の夕方、東京駅まで迎えに行った時も、
新幹線から出てきたいとこたちの姿を見たら、
涙が止まらなかったそうです。

「それに、今朝も部長の言葉でね…」

とA子。

今回合宿をキャンセルしたことで、
私や後輩たちまで合宿をキャンセルすることになり、
テニス部をバラバラにしてしまったんじゃないかと
ずっと心配していたんだそうです。

でも今朝部長に

「A子のおかげで部がひとつになった気がするわ。ありがとね」

と正反対のこと言われ、その言葉でずっと心に
引っかかっていたものが取れた気がして、
気が付いたら涙目になっていたのだそうです。

「良かったね」

とA子の膝を叩くと、先頭車両から

「じゃあ出発するわよー」

という先輩の声が聞こえ、
私たちはラケットなしのテニス合宿へと出発しました。

○ 連載「ラケットなしのテニス合宿 」 --- [1] | [2] | [3] | [4] | [5]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメントやメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る