文字を小さく文字を大きく
 
義姉との距離 ≪ほのぼの≫ 埼玉県 会社員 ひろみ 2011.1.11

年末年始の連休のうち2日間は、夫の実家(川崎)で過ごした。

ちょっとお高くすました感じで、真面目な義姉(私の苦手なタイプ)も旦那さんと娘と一緒に川崎に帰省し、大晦日の日に合流。

ついこの間まで赤ちゃんだった姪っ子は、にぎやかで明るい3歳児に成長していた。

その日の夜、年末年始も営業しているスーパー銭湯へ行った時のこと。

姪っ子のミイナちゃんと一緒に湯船に使っていると、

「ねぇー、ひろちゃんは年何歳?」

と聞かれた。

「あたし?30歳だよ」 と答えると、

「ママと同い年だ!」 とミイナちゃんはニッコリ。

(えっ?義姉さんは私より5つ年上なのに…)

そう思って、義姉のほうを見ると、義姉はバツが悪そうに視線を外した。

(貸しができた…)と思わずニヤリ。

その後、サウナに入ると義姉もやってきて私の隣に座り、

「ミイナのクラスのお友達のママさんはね、まだ20代の若い人が多いのよ…」

とため息まじりに娘に年をごまかした理由を話してくれた。

(義姉も大変なんだ)

「だいじょうぶですよ。黙ってますから」

「ありがとう」

今回の件で、義姉との距離が少し縮まった気がして嬉しかったです。

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメント
やメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る