文字を小さく文字を大きく
 
最初の1年間、私の場合 (4) ≪ほのぼの≫ 神奈川県 主 婦 ともワン 2010.12.03

義姉が帰る時、
「ありがとうございます。ほんとに助かりました」
とお礼を言ったのですが、

「なに言っているの、感謝してるのは私の方よ。
 朋美はね、私が経験できなかったことを
 させてくれてるんだから」

と言ってくれました。

その後、夫も
「しばらくの間、朝食は自分で用意するから、
 朝は無理して起きんでええよ」
と言ってくれ、それで肉体的にだいぶ楽になりました。

やはり子育てを健康的にするには、
夫の協力は絶対に必要。

別にこどもの面倒を見てくれなくてもいいんです。

自分のことをやってくれるだけでも全然違う。

ただ、うちの夫の場合、
「朝食は自分でやる」宣言は実は夫の自主的な発言ではなく、
義姉からの働きかけで言い出したことでしたが…^ ^

夫の携帯に義姉から電話があり、

「赤ちゃんはね、生れてから6ヶ月くらいまでは昼と夜の区別がないの。
 真夜中に1、2時間おきに赤ちゃんに起こされて、
 オシメ変えたり、母乳あげたりするのって辛いの分かるでしょ

 せめて夜まとめて寝てくれるようになるまでは、あんたも
 自分の朝食は自分で用意して朋美さんを少しでも休ませてあげて」

と言われたのだそうです。

優しい義姉。

また義姉の言葉を聞き入れてくれた夫にも感謝感謝です。

○ 連載「最初の1年間」 --- [1] | [2] | [3] | [4] | [5]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメント
やメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る