文字を小さく文字を大きく
 
最初の1年間、私の場合 (3) ≪ほのぼの≫ 神奈川県 主 婦 ともワン 2010.11.24

義理のお姉さんは、私より7つ年上で、市内の総合病院で看護師をしています。

子どもを流産した経験があり、そのせいか私が身ごもった時は 夫以上に私の身を心配してくれて。

以前義姉と夫と3人で車で出かけたことがあったのですが、荒っぽい運転をする夫に、

「急加速、急ブレーキは、朋美(=私)の体に負担が掛かるでしょ!?
 このバカタレ!」

と怒鳴ったほどでした。 (^^)

産後は主にメールでのやり取りになってしまったのですが、
育児疲労(育児ノイローゼ?)で体重が妊娠前よりも7kgも減ってしまった時があり、

「最近はつらくて泣く時が多いです…」

というネガティブなメールを義姉に送ってしまったことがありました。

すると翌日、義姉は夜勤明けで疲れているにも関わらず
病院から直接うちに来てくれ、

「あんたは、寝てなさい!」」

と言って、私の代わりに家事や赤ちゃんの世話
をしてくれたのです。

ベッドで横になって目をつぶった時は、
感謝の気持ちと安心で涙があふれたことを今でも覚えています。

○ 連載「最初の1年間」 --- [1] | [2] | [3] | [4] | [5]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
掲載されたエピソード・コラムの著作権は全てsimple-hp.comに帰属します。
リンクは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。
皆様のご家族のエピーソードのほか、既に掲載されたエピソードに関するコメント
やメッセージもお待ちしております。---ほのぼのエピソードの投稿
  • 前頁に戻る