文字を小さく文字を大きく
 
残念な姉 ≪ちょっと笑える≫ 神奈川県 会社員 あみぽん 2010.08.23

姉と姉の子どもたちと
一緒にプールに行ってきました。

上の舞ちゃんは今年小学2年生になり、
一丁前にビキニの水着を着て女の子らしくなってました。

下の彩ちゃんも年長さんで、今は水泳教室に通っていて15mも泳げるのだそうです。

それにしても二人とも真っ黒。

その日はプール日和で、朝9時過ぎから姪っ子たちと流れるプールでグルグル周りながらビーチボールで遊んだり、ループ滑り台をキャーキャーいながら滑って遊んだりしました。

昼になり、荷物のところに戻ってランチを食べると、
姉は顔にタオルを掛けて横にゴロンと。

彩ちゃんも少し疲れてお眠モードなのか急に大人しくなりました。

ちょっと休憩?

そんな中で一人元気だった舞ちゃんが「かき氷が食べたい」と言い出しました

「一人で買いに行ける?」と聞くと「行ける!」という返事。

「じゃあ買っておいで」と千円札を手渡すと、舞ちゃんはお店へと走り出しました。

その時「彩ちゃんの分も買ってきてね」と言い忘れてしまったのですが、
帰ってくるとちゃんと妹の分のかき氷も手に持っていたのです。

「さい、イチゴだよ」と言って、イチゴシロップが掛かったかき氷を
妹に渡す舞ちゃんを見てて、

「お姉ちゃんになったなぁ」

と感心してしまいました。

その時、姉(=二人の母親)がノソっと起き上がったので、

「舞ちゃんね、ちゃんと彩ちゃんの分のかき氷も買って来たんだよ」

と今の出来事を報告すると、姉は舞ちゃんにこう言ったのです。

「まい、…ママのは?」

あんたの着眼点はそこかい!!

かき氷の話を、母親の目線ではなく、
子どもの目線で聞いていた姉にがっかりしました。

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る