文字を小さく文字を大きく
 
ケーキ屋さんに感謝 (1/3) ≪ほのぼの≫ 栃木県 主 婦 ももこママ 2010.06.28

定期検診の度にお医者さんから、

「順調ですよ」

と言われ続けてましたので、
出産はついつい予定通りの7月01日と信じ込み、日々安心しきって生活してました。

そんなマタニティ生活の中で、いつものように買い物をして帰る途中のこと。

温かいものが足をスっーと流れ出たのが分かりました。

(もしかして!?)

どうやら破水してしまったようでした。

初産だった私は慌ててしまい、とりあえず夫に電話。

しかし、営業で日中出歩いている夫の携帯からは、

”電源が切れているか、電波の届かないところにいます”

とツレない音声案内しか返ってこない。

(もー、使えないんだから!)

すぐに頭を切り替え、病院に電話しようとしたのですが、
手元に母子手帳はなく、携帯に病院の登録してなかったことに気付きました。

(どうしよう〜)  (/□≦、)

そのままタクシー拾って病院に行けば良かったのですが、
半パニック状態の私は、なぜか公衆電話のイエローページを探し始めたのです。

しかし今のご時世、
ちょこっと歩いたくらいで公衆電話は見つからない。。。

涙目状態の私は藁(わら)にもすがる思いで、
目の前にあったケーキ屋さんに入り、

「すみません、この近くに公衆電話はありませんか?」

と尋ねました。

すると、女性の店長さんが

「公衆電話は分からないですけど、どうかされました?」

と親身に対応してくれました。

私は買い物帰りに破水してしまったようなのですと説明すると、
慌てて椅子を持ってきて私を休ませてくれ、
私の代わりに104で病院を調べ、電話をしてくれました。

そして、先生に病院に来るように指示されると、

「救急車、待ってられないですよね」

と言ってお店を「準備中」にしたのでした。

○ 連載「ケーキ屋さんに感謝」 --- [1] | [2] | [3]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る