文字を小さく文字を大きく
 
募金活動で学んだこと(3/3) ≪ほのぼの≫ 東京都 大学1年 かりん 2010.06.22

― 宮崎県の口蹄疫被害者を支援する
  募金活動を行っています!

― ご協力、よろしくお願いします!

最初は、街中で声を出すなんて「格好悪い」と思ってました。

でもお昼の一件で、午後のみんなは、私も含めて午前中よりも気持ちのこもった声を出していたように思います。

すると、そんな思いが通じた(?)のか、少しずつ募金をしてくれる人が増えてきました。

母親からお金をもらって募金をしてくれた女の子から、

「お姉ちゃんがんばってね」

と言われたり、

「少ない額でゴメンなさいね」

と言いながら募金をしてくれたおばさんもいました。

いろんな人たちからもらった温かい気持ち

やって本当に良かった。 v(^_^v)♪

募金活動が終わり、自宅に帰ると、
テレビのニュースで日本ハムのダルビッシュ選手のことが
取り上げられていました。

「1アウトごとに3万円を宮崎県の口蹄疫問題で苦しむ方達に寄付する」

という内容。

それを見て、またまた嬉しくなってしまった私。

すると母親から

「今日のかりんはとても優しい顔をしてるわね」

と言われました。

○ 連載「募金活動で学んだこと」 --- [1] | [2] | [3]

===simple-hp.comで調べてみました================

 口蹄疫被害に対する義援金を募集(宮崎県)
 宮崎県口蹄疫被害義援金(Yahoo!JAPAN ボランティア)
 宮崎県口蹄疫被害義援金(Tポイント)

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る