文字を小さく文字を大きく
 
母親の方が一枚上手(うわて) ≪ほのぼの≫ 神奈川県 主 婦 もけらもけら 2010.04.27

「学校に行きたくない!」
つながりで、うちの息子(次男坊)の話を投稿します。

4月から幼稚園に通い始めたうちの息子。

朝、幼稚園に行く支度をさせていると、

「幼稚園に行きたくない...」

と元気のない声で言った。

(始まったかぁ)

上の子が幼稚園に行き始めの頃になった症状と全く同じ。

「そうかぁ、幼稚園に行きたくないんだ。
 でも靴だけ履いてみようか」

息子の訴えを軽く流し、
幼稚園の送迎バスが来るバス停に向かって一緒に歩き出した私。

途中、息子は幼稚園のバッグと帽子を投げ捨て、
「やっぱり幼稚園に行かない!」
と最後の抵抗を見せた。

(ムカッ!!)

と思いつつも、ここで息子と言い合えば、
かえって抵抗が大きくなるのは上の子で経験済。

「ねぇ、帽子やバックを投げるのはイイこと?ワルいこと?」

「…ワルいこと」

「だよねぇ。○○はワルい子じゃないでしょ」

「でも幼稚園に行きたくない!」

「そうかぁ、分かった。
 じゃあカバンと帽子拾って、
 先生に"今日は幼稚園に行きません"って言いに行こう」

そう優しく諭し、またバス停へと歩き出した。

そしてバス停で待つこと5分。
バスがやってきた。

プシューッとドアが開き、「おはようございま〜す」と先生が中から出てきた。

「おはようございまーす。じゃあお願いしまーす」
とあっさり息子をバスに押し込む私。

(一丁あがり!)

息子はロクな抵抗も出来ず、そのまま幼稚園へと連れて行かれました。

子育ても、二人目になれば、
母親の方が一枚上手なのである。

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る