文字を小さく文字を大きく
 
息子の新年のご挨拶 ≪ほのぼの≫ 埼玉県 主 婦 ドキンチャン 2010.01.13

年明け、お義母さんが息子を近所の床屋さんに連れて行ってくれました。

息子が赤ちゃんの時からお世話になってる床屋さんで、お義母さんが迎えに来る前に

「“明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願いします”
 ってママの分もちゃ〜んと言ってきてね。
 忘れちゃダメだよ。」

と何度も繰り返して言い聞かせました。

床屋から帰ってくると、開口一番、

「“よろしくおねがいします”って言ってきたよ」と息子。

「ありがとね。忘れなかったんだ。えらい、えらい!」

って息子を誉めてあげました。

翌日、お義母さんが来て、

「昨日のルア(=息子)、えらかったのよ〜。
 床屋のおばちゃんもお客さんも“しっかりしたいい子”って誉めてたよ。
 床屋のおばさんは“ルア君に先に言われちゃったわ”って笑ってた」

と、昨日の息子の様子を話してくれました。

そのあと、息子はおばさんに
“誰に『明けまして…』を言うように言われたの?”と聞かれたのだそうです。

息子は正直に、

『ママに“最初の挨拶は大切だから言いなさい”って言われたの』

と答えたそうです^^。しかし、そこで止めればいいものの、

『言われたことちゃんとやらないとね、ママはいつも
“じゃあ、ママも何もしない!”って言うんだよ。
 そのあと、きちんとごめんなさいをするまで、ぜったいに許してくれないの』

と余計なことまで言ってきたようです。

その場にいた人はみんな笑ってたそうで…(>_<)

最近、聞かれたことに対し、余計なことまで言っちゃう息子。

でも、近所のおばちゃんは「それも、成長の証拠なのよ」っても言われます。

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る