文字を小さく文字を大きく
 
おにぎり2つ(2/3) ≪ほのぼの≫ 兵庫県 兵庫県 やまもん 2009.11.06

E理のことを幼稚園から知っているうちのオカンも心配していたようでした。

あとでE理から聞いたのですが、
オカンはE理の父親に、

「無理に自宅に帰そうとすれば、
 どこフラつくか分からんし…」

と言って、E理の"居場所"として、わが家を使って欲しいと言ったのだそうです。

私にも、「こういう時に、
 黙ってそばに居てあげるのが友達やで」
なんてこと言ってたし。

ちょっといいところのあるオカン。

そして3か月ほど過ぎたある日、
E理が初めて父親の再婚相手の女性のことを口にしました。

「あの人な、うちが帰ってくるまで絶対に寝ぇへんの」

毎日毎日、E理が帰ってくるまで居間で起きて待っていて、
帰ってくると「おかえり」と言って迎え、そして「お腹空いてない?」と聞くのだそうです。

E理が”大丈夫ですから”と答えると

「そう、ほな お先におやすみするわね」

と言って寝室に向かう。

そんな日がずーっと続き、それが嫌である日、

「待ってなくていいですから。先に寝てください」

と言うと、その女性は寂しい顔をして、

「寝たくても寝れないもんなのよ」

と言ったのだそうです。

○ 連載「おにぎり2つ」 --- [1] | [2] | [3]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

-------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る