文字を小さく文字を大きく
 
ママの入院(6/6) ≪ちょっと涙≫ 静岡 主婦 みんみん 2009.10.28

タカキ君のママの盲腸は、手術をせずに薬で散らすことで済むとのこと。

ただ持病との兼ね合いから、今しばらくは入院したままで治療が続くということでした。

「本当にごめんなさいね。
 たくさんご迷惑かけちゃって」

という弥生さん(=タカキ君ママ)に、

「ぜんぜんよ。それよりタカキ君を預かったことでうちの子もすごくいい子だし、それにたくさんの感動をもらったのよ」

と伝えました。

「感動?」

「そう“感動”。退院したら話してあげる」

でもそれまではナイショよねぇ〜、と息子たちに言うと、「ないしょー!」
という元気な返事が返ってきました。

病院を後にし、早速折りヅル作業に向けて私たちは家に帰りました。

幼稚園の先生とお友達が折ってくれたツルを数えると207コもありました。

昨日3人で折った鶴と午前中私が折った鶴と合わせると、881コ。

「残りあと119コ。よぉーし、1000コめざしてがんばろー」

「おぉー」

3人で気合いを入れて早速折り鶴作業に取りかかりました。

開始してからわずか2時間足らずで、1000コ目の金色の折りヅルが完成。

あとは糸でつないで千羽鶴らしくまとめる作業だけ。

私は黒のサインペンを持ってきて、タカキ君に

「この金色の折りヅルの羽に、ママへのメッセージを書いて」

と言いました。

すると、急に真面目な顔になったタカキ君。そして書いたのは

「ママはぼくのたからものだから
はやくかえってきてね」

というメッセージでした。

○ 連載「ママの入院」 --- [1] | [2] | [3] | [4] | [5] | [6]

○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る